人気ブログランキング |

オナニー指示

テレフォンセックスを無料でする方法を知る友人のやり方
僕の彼女はいろいろとワケアリだ。
知り合ったきっかけは大学のゼミと言う何でもないものだ。机を並べる彼女に惹かれた僕が必死で口説いた結果、「別に構わないよ」の一言で交際に至った。ただ、積極的だった僕に対して、彼女はそう乗り気ではないようだった。それでも僕の誘いに彼女は拒否することなく、映画を見に行ったり、食事をしたり、彼女の家まで車で送ったこともあった。その時、家の表札が彼女の名前と違っていたことに僕は気づいていた。
そして、僕たちが交際を始めてから三か月目、今日こそは彼女とチンコとマンコでつながりたかった僕に対して、彼女は拒否の姿勢とともに、自分の過去を告白してきた。
彼女は処女ではなかった。その初体験は父親の性暴力だった。その事実が発覚して、今は母方の祖母に引き取られて大学に通っていると言う。だから「セックスは怖い」らしかった。父親の呪縛から逃れるために僕と交際を始めたが、肉体関係に及ぶにはまだ抵抗がある、と彼女は言った。
彼女の心の傷を癒えるのはいつになることだろうか。彼女は僕を選んでくれた。ならば、彼女を癒せるのは僕しかいない。自然に任せている場合ではない。
幸いにも彼女は一緒に泊まることまでは拒否しなかった。そこで僕は彼女にある提案をした。それはオナニー指示だ。僕の指示で彼女にオナニーをしてもらうのだ。
彼女には、この人は何を言っているのだろう?と言う顔をされたが、僕の真摯な表情を彼女は信じてくれた。
そして、僕は着衣のまま、股を開く彼女に対してオナニー指示をした。女性のオナニーのことは僕はよくわかっていない。しかし、指示をしていれば満たされたいと思う彼女の本能は、自然と感じるスポットに導かれるであろうと信じて、僕は指示を続けた。
こうして、度重なるオナニー指示の結果、僕たちが結ばれたのは1年後のことだ。半年間、オナニー指示のみで一切手を出さなかった僕を、彼女はようやく信じてくれる気になったのだ。
初めての夜、彼女は「セックスってこんなに気持ちいいものだったのね」と、僕の腕の中で泣いていた。
無料でオナ電をする
エロイプ掲示板
# by uqfq01 | 2020-01-16 16:20 | Trackback | Comments(0)

僕の彼女はいろいろとワケアリだ。